専門スタッフが親切丁寧に対応します
Close
Skip to content
サービス案内
serviice_03
ここでは、当事務所が提供するサービス内容である
債務整理のお手続き(任意整理、自己破産、個人再生、過払い金返金)
についてメリットとデメリットを含めてご紹介いたします。
任意整理
毎月の返済を見直して余裕ある返済へ!
任意整理は、今までの返済を見直して月々の返済額を減額して、
さらに利息をゼロにして借金の完済を目指す手続きになります。
任意整理では住宅ローンや自動車ローン、保証人が付いた借金を
除いて他の借金のみを整理するといった柔軟性があり、
会社や友人のみではなく同居している家族にも
知られることなく借金の整理が可能です。
任意整理は、今までの返済を見直して月々の返済額を減額して、さらに利息をゼロにして借金の完済を目指す手続きになります。
任意整理では住宅ローンや自動車ローン、保証人が付いた借金を除いて他の借金のみを整理するといった柔軟性があり、会社や友人のみではなく同居している家族にも知られることなく借金の整理が可能です。
top_ico_kawauso5
top_ico8
任意整理の
メリット・デメリット
メリット
任意整理は現在の借金の返済状況を見直して、
利息をカットした状態で月々の
返済額を減額して支払うことで借金の
完済を目指す手続きになります。
任意整理は、他の手続きとは異なり
裁判所を通しませんので、
会社や友人のみならず同居している家族にも
秘密にして手続きをすることが出来ます。
また任意整理は整理する借金を選択して
手続きが出来ますので、住宅ローンや
自動車ローン、保証人が付いた借金を
除いて他の借金のみの手続きが可能で、
とても柔軟性がある借金整理の方法になります。
任意整理は現在の借金の返済状況を見直して、利息をカットした状態で月々の返済額を減額して支払うことで借金の完済を目指す手続きになります。
任意整理は、他の手続きとは異なり裁判所を通しませんので、会社や友人のみならず同居している家族にも秘密にして手続きをすることが出来ます。
また任意整理は整理する借金を選択して手続きが出来ますので、住宅ローンや自動車ローン、保証人が付いた借金を除いて他の借金のみの手続きが可能で、とても柔軟性がある借金整理の方法になります。
デメリット
自己破産は借金がまったくなくなりますし
個人再生は借金の元金が5分の1に
圧縮されますが、任意整理は
元金自体が減るケースは少ないので、
借金の総額が大きい場合だと利息を支払う
必要がないとはいえ月々の返済額が
大きくなってしまうケースがあります。
また、任意整理の手続きをおこなうと
信用情報機関に事故情報として登録されますので、
任意整理の手続き終了後から約5年程度は
ローンやクレジットの利用が制限されます。
自己破産は借金がまったくなくなりますし個人再生は借金の元金が5分の1に圧縮されますが、任意整理は元金自体が減るケースは少ないので、借金の総額が大きい場合だと利息を支払う必要がないとはいえ月々の返済額が大きくなってしまうケースがあります。
また、任意整理の手続きをおこなうと信用情報機関に事故情報として登録されますので、任意整理の手続き終了後から約5年程度はローンやクレジットの利用が制限されます。
自己破産
借金をゼロにして人生の再スタートを!
自己破産は、持っている財産を処分する代わりにすべての借金を
帳消しにするある意味1番強力な借金解決の方法になります。
世間では悪いイメージがある自己破産ですが、
不動産や自動車といった価値ある財産を所有していなければほとんど
デメリットはなく、
借金の総額が大きく生活するのも
難しい方にとっては人生の再スタート
といった大きなチャンスを生み出すことが
出来る借金解決の手続きになります。
自己破産は、持っている財産を処分する代わりにすべての借金を帳消しにするある意味1番強力な借金解決の方法になります。
世間では悪いイメージがある自己破産ですが、不動産や自動車といった価値ある財産を所有していなければほとんどデメリットはなく、借金の総額が大きく生活するのも難しい方にとっては人生の再スタートといった大きなチャンスを生み出すことが出来る借金解決の手続きになります。
top_ico_kawauso6
top_ico8
自己破産の
メリット・デメリット
メリット
自己破産のメリットは当たり前のこと
ですが、借金自体がすべてなくなることです!
自己破産では所有している財産を失う
代わりに借金をすべて帳消しにする
手続きで、今までの借金生活をリセットして
人生を再スタートするのに最適な方法になります。
価値がある財産を持たない方にとって
自己破産の手続きを行うのにほとんど
不利益がありませんので、ぜひ新しい
生活をスタートさせたい場合には
自己破産は前向きに検討していただき
たい手続きになります。
自己破産のメリットは当たり前のことですが、借金自体がすべてなくなることです!
自己破産では所有している財産を失う代わりに借金をすべて帳消しにする手続きで、今までの借金生活をリセットして人生を再スタートするのに最適な方法になります。
価値がある財産を持たない方にとって自己破産の手続きを行うのにほとんど不利益がありませんので、ぜひ新しい生活をスタートさせたい場合には自己破産は前向きに検討していただきたい手続きになります。
デメリット
価値のある財産を所有している方にとっては
自己破産をすることで財産が処分されることが
大きなデメリットになります。
また、自己破産には資格制限という問題があり、
弁護士や司法書士、税理士といった資格で仕事を
している職業や警備員や保険外交員といった
仕事をしている方は自己破産をすると職を失う
ことになってしまいます。
また、自己破産は必要書類が多く裁判所を通し
ますので、同居している家族に秘密にして
手続きをすることは難しく、自己破産も任意整理と同様に
手続きを行うと信用情報機関に事故情報として
登録されますので、自己破産の手続き終了後から
約5年程度はローンやクレジットの
利用が制限されます。
価値のある財産を所有している方にとっては自己破産をすることで財産が処分されることが大きなデメリットになります。
また、自己破産には資格制限という問題があり、弁護士や司法書士、税理士といった資格で仕事をしている職業や警備員や保険外交員といった仕事をしている方は自己破産をすると職を失うことになってしまいます。
また、自己破産は必要書類が多く裁判所を通しますので、同居している家族に秘密にして手続きをすることは難しく、自己破産も任意整理と同様に手続きを行うと信用情報機関に事故情報として登録されますので、自己破産の手続き終了後から約5年程度はローンやクレジットの利用が制限されます。
個人再生
借金の総額を5分の1または100万円へ!
個人再生は自己破産と同様に裁判所における借金解決の方法で、
今ある借金の総額を5分の1または100万円の多い方の額まで
圧縮して約3年36回程度で完済を目指す手続きになります。
なお、個人再生には住宅ローンの特例という制度があり、
住宅ローンの返済はそのままに
その他の借金のみを整理することで
大切な自宅を守りながら借金を
整理することが出来るといった
特徴がある手続きになります。
個人再生は自己破産と同様に裁判所における借金解決の方法で、今ある借金の総額を5分の1または100万円の多い方の額まで圧縮して約3年36回程度で完済を目指す手続きになります。
なお、個人再生には住宅ローンの特例という制度があり、住宅ローンの返済はそのままにその他の借金のみを整理することで大切な自宅を守りながら借金を整理することが出来るといった特徴がある手続きになります。
top_ico_kawauso7
top_ico8
個人再生の
メリット・デメリット
メリット
個人再生は借金の総額を5分の1または
100万円の多い額まで圧縮して、
その金額を3年36回程度の分割で返済する
ことで借金問題を解決する手続きです。
任意整理よりも大きく返済額を下げる
ことが出来ますし、自己破産のように
財産を処分する必要がありません。
また自己破産のような資格の制限もありません。
また個人再生には住宅ローンの特例という
制度があり、住宅ローンを除いた他の借金を
整理して大切な住宅を残すことが可能な
手続きになります。
個人再生は借金の総額を5分の1または100万円の多い額まで圧縮して、その金額を3年36回程度の分割で返済することで借金問題を解決する手続きです。
任意整理よりも大きく返済額を下げることが出来ますし、自己破産のように財産を処分する必要がありません。
また自己破産のような資格の制限もありません。
また個人再生には住宅ローンの特例という制度があり、住宅ローンを除いた他の借金を整理して大切な住宅を残すことが可能な手続きになります。
デメリット
メリット多くある個人再生ですが、
手続きがとても複雑なことと他の手続きより
要件が厳しいことがデメリットに
なります。
また手続きの費用が1番高額なことも
デメリットになります。
また個人再生も他の債務整理と同様に手続きを
おこなうと信用情報機関に事故情報として
登録されますので、個人再生の
手続き終了後から約5年程度はローンや
クレジットの利用が制限されます。
メリット多くある個人再生ですが、手続きがとても複雑なことと他の手続きより要件が厳しいことがデメリットになります。また手続きの費用が1番高額なこともデメリットになります。
また個人再生も他の債務整理と同様に手続きをおこなうと信用情報機関に事故情報として登録されますので、個人再生の手続き終了後から約5年程度はローンやクレジットの利用が制限されます。
過払い金返金
払い過ぎた利息を取り戻す手続きです!
一時期は大きなブームになった過払い金の取り戻し手続きですが、
現在では少し条件が難しくなり、平成19年より前から借り入れを始めて
現在より10年前まで支払いを続けていることが条件になります。
平成19年より後だと高い利息の借り入れでなく法定内の利息になっていることと、
借金の完済から10年を過ぎていると
過払い金が時効にかかっているから
になります。
過払い金の取り戻しに
成功すると予想外の臨時収入になりますので、
ちょっとした宝くじにでも当選した
ような嬉しい気持ちになれます!
一時期は大きなブームになった過払い金の取り戻し手続きですが、現在では少し条件が難しくなり、平成19年より前から借り入れを始めて現在より10年前まで支払いを続けていることが条件になります。
平成19年より後だと高い利息の借り入れでなく法定内の利息になっていることと、借金の完済から10年を過ぎていると過払い金が時効にかかっているからになります。過払い金の取り戻しに成功すると予想外の臨時収入になりますので、ちょっとした宝くじにでも当選したような嬉しい気持ちになれます!
top_ico_kawauso8
top_ico8
過払い金返金の
メリット・デメリット
メリット
過払い金返金のメリットはもちろん過払い金
という現金を取り戻せることになります。
過払い金の取り戻しが出来ると思い
がけない臨時収入になりますので、
ちょっとした宝くじにでも当選した
ような嬉しい気持ちになれます!
もちろん会社や友人のみでなく同居している
家族にも知られずに手続きをすることが出来ます。
過払い金返金のメリットはもちろん過払い金という現金を取り戻せることになります。
過払い金の取り戻しが出来ると思いがけない臨時収入になりますので、ちょっとした宝くじにでも当選したような嬉しい気持ちになれます!
もちろん会社や友人のみでなく同居している家族にも知られずに手続きをすることが出来ます。
デメリット
すでに借金を完済している方の過払い金の取り
戻し手続きについてのデメリットはありません。
もちろん信用情報機関に事故情報が
登録されることもありません。
ただし、過払い金の取り戻し手続きを
してもまだ残債が残っていまうケース
では信用情報機関に事故情報として
登録されますので、手続き終了後から
5年程度はローンやクレジットの利用が
制限されます。
すでに借金を完済している方の過払い金の取り戻し手続きについてのデメリットはありません。
もちろん信用情報機関に事故情報が登録されることもありません。
ただし、過払い金の取り戻し手続きをしてもまだ残債が残っていまうケースでは信用情報機関に事故情報として登録されますので、手続き終了後から5年程度はローンやクレジットの利用が制限されます。
あなた一人で悩む必要はまったくありません!
当事務所は借金問題解決専門スペシャリスト集団です!
24年以上に渡る数多くの借金問題に関する解決実績があります。
借金解決のプロの視点から的確なアドバイスをいたします!
howaite_15
LINE-pc_1044-0825
LINE_sp_527-0818
foote_03